fc2ブログ

ヨウケル舎からのお知らせ

店休日のお知らせです。
7/7(木)、7/14(木)、7/21(木)、7/28(木)、7/30(土)、7/31(日)はお休みをいただきます。
ご来店予定のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いします。

寒仕込み



年が明けてから、ずっとやりたかった味噌の仕込みに
ようやく手をつけられました。

去年はumuiの佐藤恵美子さんを招いて、
大勢でわいわいとお味噌を仕込んだものです。
そのお味噌がなかなか美味しくて、
定食の味噌汁に、はたまた味噌とオートミールのクッキーに、
と大活躍だったのはまだ記憶に新しく…
愛をもって発酵を見守りたくて、味噌に名前まで
つけたのでした。(なんと公募!)

今年の味噌はまだ名前を付けていませんが、
もしも、名付け親になってくれる方がいるのなら
是非お願いします。ふふふ。

ところで、お味噌ってなんか面倒そうだなぁ
なんて思っていませんか?
実はとっても簡単なんですよ!
身近な材料で出来るし、お子さんがいる家庭なら
家族で作るのも楽しそうですね。

今回の工程を写真とともに載せておきます。

1.大豆は前の晩から水に浸して戻す


2.圧力鍋で茹でる 指で簡単に潰せるくらいが目安
写真は圧力かける前に灰汁をとっているところ


3.茹でた大豆を潰す 今回は踏みました ムラなく出来てよい!


4.麹と塩を揉みながら混ぜる 今回は無農薬さわのはなの米麹


5.塩きり麹と大豆、大豆の煮汁を混ぜる


6.焼酎など度数の高いアルコールで殺菌した容器に味噌の玉を作って投げ入れる(空気が入らないようにするため) 平らにして表面にも塩をまぶす


仕込み完了


味噌は人間の心地よい温度で共に生きます。
3ヶ月ほど経ったら天地返しを。
麹のおかげで発酵を待つだけ。
食べれるのは7~8ヶ月後くらい?
出来れば1年待ちたいところ。

よく聞く味噌の寒仕込みは1~3月。
寒い時期に仕込むのがなぜ良いのか?
発酵が緩やかなことが美味しいお味噌になる
秘訣なんです。
市販の味噌は早く発酵させて商品化するために
仕込みの直後から加温したりして、
わずか3ヶ月ほどで完成させてしまうものも。
手作りのお味噌が美味しいのは、自分で作ったから、
以外にもちゃんと美味しさの原理がありそうですね。





IRORI×八蔵


今日はヨウケル舎のレジ前でも宣伝しています、
「八蔵(はちくら)」の週一カフェに行ってきましたよ。
馬喰町のIRORIという素敵なホステルの一階です。


なんと「八蔵」は、うちの勤続約5年のスタッフである
パンちゃん夫妻の屋号なんです!
旦那殿は元堀口珈琲に勤めていただけあり、
確実で丁寧な仕事ぶりで、本当に美味しい珈琲を淹れてくれます。
珈琲豆はヨウケル舎の仕入先と同じ、西永福の
自家焙煎店Jalk Coffee(ヤルクコーヒー)のもの。
普段は人に淹れてばかりの珈琲。
こうして休日に丁寧に淹れてもらった珈琲を飲めるのが幸せ~♪
おやつも、ちゃんと手づくりで用意してくれているところが嬉しい。

こんな裏の顔(別の顔とも言う…)を持つパンちゃん。
夫婦のあうんの呼吸で、いい雰囲気でした。
よい休日をありがとう~。
八蔵 Facebook
https://www.facebook.com/hatikura2015/







レモンは今が旬


冬は色んな柑橘が美味しくって、たまらない。
果物は甘みと酸味両方あるものが好きな私にとってはなおのこと。
見た目だってなんだか元気が出てくる、ビタミンカラー!
そんな柑橘(主にレモン)たちはヨウケル舎でも実に色んなところに登場。
お水のピッチャーにぽとんと一切れ、
紅茶の輪切りレモン、定食に添える自家製ポン酢や
マリネ、ドレッシング。
おやつにももちろん。
国産レモンを味わうタルトや、
自家製レモンジャムは店内用のケーキに添えたり…
飲み物だと自家製レモネード、炭酸で割ったレモンスカッシュ。

種こそ使わないけれど、ほかは捨てるところなんてひとつもない。
それも無農薬、ノーワックスで栽培してくれている朝倉さんのおかげ。
美味しい国産レモンは今が旬、ぜひほっと一息してってくださいね。



メニューの提案などもしてくださる、小田原「朝倉正行柑橘園」の朝倉さん。



ホットレモネード
材料はアカシア蜂蜜と朝倉さんのレモンだけ


レモンスカッシュ
ぐびっと、すかっと、したい方は炭酸割りで




節分


久々の更新です。
年始の暖かさには??という感じでしたが、
ようやく冬らしい寒さもあり、ほっとしたのが
正直なところ。


字のごとくの大寒も次候となり、
次に待つは立春ですね。
立春といえば節分!
「鬼は~外!福は~内!」
昔は季節の変わり目にあたる
立春、立夏、立秋、立冬の前日が
すべて節分とされていたそう。
一年の節目にあたる春の節分に重きが
置かれたのが室町時代から。
豆を撒くのは、「魔滅」の音に通じることから。
日本の行事や例えばおせち料理の内容なんかも
こういった語呂とか言葉の韻みたいなものが
取り入れられていて面白いですね。

お豆は数え年で自分の歳の数のお豆を食べると、
健康になるんですって。
私は、ちゃんと歳の数分食べるのが辛くなってきました~。ふふ。

鬼に負けず!お店に、スタッフに、お客さんに、
家族に、福の多い年になりますように。



昨年の豆まきの様子
鬼は誰かな?なんか見たことあるなぁ…


その名も「鬼たいじプレート」
太巻きの具は7種類で満腹!
今年も2.1~3までやりますよー


2015 christmas cake


いつもヨウケル舎にご来店いただき、ありがとうございます。
今年も楽しいこの季節がやってきました♪
2015年のヨウケル舎のクリスマスケーキのご案内です!
皆さんに素敵なクリスマスを過ごしていただきたく、
腕をふるって美味しいケーキを考えましたよ!


苺のティラミスタルト 16㌢ 4~5名用 3200円 
さっくりしたサブレ生地のタルトに、
マスカルポーネチーズのクリームと苺をしき、
苺と木苺の甘酸っぱいクリームで仕上げました。


ショコラモンブランのタルト 16㌢ 4~5名用 3400円
濃厚ブラックカカオのタルトに、
有機チョコレートのクリームと
仏・サバトン社のマロンクリームを絞った
クリスマスだけの特製のモンブラン。


自家製キャラメルとチョコレートのチーズケーキ 12㌢ 4名用 2300円
シンプルながらクセになるしっとりチーズケーキ。
チョコレートはKAOKA社の有機チョコレートを使用。


木こりのロールケーキ 13㌢ 3~4名用 2800円
毎年作るヨウケル舎クリスマスの定番。
しっとりした生地でコクのあるクリームとフルーツをまいて、
有機チョコレートのクリームで飾ります。

*只今画像準備中…

苺のショートケーキ 12㌢ 4名用 3000円
みんな大好きなショートケーキ。
ヨウケル舎では初の販売となります。

ご予約は12/1~12/20まで、お電話か店頭にて承ります。
tel 03-3429-2255
販売・受け渡し期間は12/23~25です。
全てホールでのお取り扱いとなります。
クリスマスケーキの販売期間中は、通常のケーキのお取り扱いはありません。
ご予約されていない方でも店頭にてお買い求め頂けます。
(数に限りがございます)

楽天からのおすすめ

sidetitleプロフィールsidetitle

ヨウケル舎長

Author:ヨウケル舎長
おやつを焼いてるときが何よりも幸せです。だからヨウケル舎長は今日もおやつを焼くのです。


お茶とおやつ ヨウケル舎
東京都世田谷区経堂4-7-8
TEL&FAX:03-3429-2255
http://yokel-sya.bossk.jp

<営業時間>
11:30~20:00
11:30~19:00(日曜日)
<店休日>
不定休(平成26年から定休日が無くなりました)

アルバイトを募集中です
(平成28年7月現在)


Facebookやってます。
Facebookファンページ お茶とおやつ ヨウケル舎

mixiにコミュニティあります。
mixiコミュニティ お茶とおやつ ヨウケル舎

sidetitleTwitterやってますsidetitle
yokel_syaをフォローしましょう
sidetitleブログ内の検索sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleメールでお問い合わせsidetitle
ヨウケル舎にメールを届けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitlebannersidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle