ヨウケル舎からのお知らせ

店休日のお知らせです。
7/7(木)、7/14(木)、7/21(木)、7/28(木)、7/30(土)、7/31(日)はお休みをいただきます。
ご来店予定のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松村真依子さん個展 「あかるいところの本」

あかるいところ表

2016.6.2(THU.)-15(WED.) 11:30-20:00 (SUN.-19:00)

大阪での個展「あかるいところ」で展示した作品と、そこから作った新作の絵本




大好きな真依子さんの画に囲まれて仕事ができるなんて!

というのが、このお話をいただいたときの率直な感想。

彼女の展示毎に感じた、いろんな気持ちは今も昨日のことのように思い出せます。

それを今回はお客さんと共有できるのがうれしいし、何より

一人でも多くの人に見てもらいたいと思っています。


お茶でも飲みながら。

または、おしゃべりを楽しみながら。

近寄ってみたり、遠くからみたり。

それぞれのペースで、見方で。



あかるいところ裏


展示期間中、作品をイメージしたおやつをご用意します。


味噌を拵える会


ヨウケル舎でのワークショップ、
「味噌を拵える会」はみんなで和気あいあいと!

今回は玄米麹と白米麹を半々で。
大豆は、普段お米を仕入れている高橋さんから。
前日には届くはずの大豆と麹が届かなかったり!
ハプニングもありつつハラハラしたのですが、
なんとか間に合って、みんな笑顔でお味噌づくりが出来て最高でした♪

茹でた大豆が温かくって、潰す過程で思わず寝転んでみたり…ふふ。
子どもも大人も一緒になって。

味噌づくりの後にはumui佐藤恵美子さんの
野菜と豆たっぷりのご飯を全員で頂きました。
恵美子さんの山形からの東京巡業。
そのひとつとして、ここで味噌づくりが出来たこと。
普段各々の生活を過ごしている個々が同じ目的で集まる。
偶然だけど必然なのかな、なんて思いました。
会が終わって連絡先を交換している皆を見て。
良いですね、出会いというのは!

スタッフ募集


ヨウケル舎では、共に働けるスタッフを募集しています。
経験にもよりますが、主に接客、調理、
菓子製造(または製造補助)などをしていただきます。
人と接するのが好き、モノづくりが好き、など
未経験でも構いませんので、興味のある方は
下記までご連絡下さい。
お茶とおやつ ヨウケル舎
03-3429-2255
丸永洋子

寒仕込み



年が明けてから、ずっとやりたかった味噌の仕込みに
ようやく手をつけられました。

去年はumuiの佐藤恵美子さんを招いて、
大勢でわいわいとお味噌を仕込んだものです。
そのお味噌がなかなか美味しくて、
定食の味噌汁に、はたまた味噌とオートミールのクッキーに、
と大活躍だったのはまだ記憶に新しく…
愛をもって発酵を見守りたくて、味噌に名前まで
つけたのでした。(なんと公募!)

今年の味噌はまだ名前を付けていませんが、
もしも、名付け親になってくれる方がいるのなら
是非お願いします。ふふふ。

ところで、お味噌ってなんか面倒そうだなぁ
なんて思っていませんか?
実はとっても簡単なんですよ!
身近な材料で出来るし、お子さんがいる家庭なら
家族で作るのも楽しそうですね。

今回の工程を写真とともに載せておきます。

1.大豆は前の晩から水に浸して戻す


2.圧力鍋で茹でる 指で簡単に潰せるくらいが目安
写真は圧力かける前に灰汁をとっているところ


3.茹でた大豆を潰す 今回は踏みました ムラなく出来てよい!


4.麹と塩を揉みながら混ぜる 今回は無農薬さわのはなの米麹


5.塩きり麹と大豆、大豆の煮汁を混ぜる


6.焼酎など度数の高いアルコールで殺菌した容器に味噌の玉を作って投げ入れる(空気が入らないようにするため) 平らにして表面にも塩をまぶす


仕込み完了


味噌は人間の心地よい温度で共に生きます。
3ヶ月ほど経ったら天地返しを。
麹のおかげで発酵を待つだけ。
食べれるのは7~8ヶ月後くらい?
出来れば1年待ちたいところ。

よく聞く味噌の寒仕込みは1~3月。
寒い時期に仕込むのがなぜ良いのか?
発酵が緩やかなことが美味しいお味噌になる
秘訣なんです。
市販の味噌は早く発酵させて商品化するために
仕込みの直後から加温したりして、
わずか3ヶ月ほどで完成させてしまうものも。
手作りのお味噌が美味しいのは、自分で作ったから、
以外にもちゃんと美味しさの原理がありそうですね。





IRORI×八蔵


今日はヨウケル舎のレジ前でも宣伝しています、
「八蔵(はちくら)」の週一カフェに行ってきましたよ。
馬喰町のIRORIという素敵なホステルの一階です。


なんと「八蔵」は、うちの勤続約5年のスタッフである
パンちゃん夫妻の屋号なんです!
旦那殿は元堀口珈琲に勤めていただけあり、
確実で丁寧な仕事ぶりで、本当に美味しい珈琲を淹れてくれます。
珈琲豆はヨウケル舎の仕入先と同じ、西永福の
自家焙煎店Jalk Coffee(ヤルクコーヒー)のもの。
普段は人に淹れてばかりの珈琲。
こうして休日に丁寧に淹れてもらった珈琲を飲めるのが幸せ~♪
おやつも、ちゃんと手づくりで用意してくれているところが嬉しい。

こんな裏の顔(別の顔とも言う…)を持つパンちゃん。
夫婦のあうんの呼吸で、いい雰囲気でした。
よい休日をありがとう~。
八蔵 Facebook
https://www.facebook.com/hatikura2015/







楽天からのおすすめ

sidetitleプロフィールsidetitle

ヨウケル舎長

Author:ヨウケル舎長
おやつを焼いてるときが何よりも幸せです。だからヨウケル舎長は今日もおやつを焼くのです。


お茶とおやつ ヨウケル舎
東京都世田谷区経堂4-7-8
TEL&FAX:03-3429-2255
http://yokel-sya.bossk.jp

<営業時間>
11:30~20:00
11:30~19:00(日曜日)
<店休日>
不定休(平成26年から定休日が無くなりました)

アルバイトを募集中です
(平成28年7月現在)


Facebookやってます。
Facebookファンページ お茶とおやつ ヨウケル舎

mixiにコミュニティあります。
mixiコミュニティ お茶とおやつ ヨウケル舎

sidetitleTwitterやってますsidetitle
yokel_syaをフォローしましょう
sidetitleブログ内の検索sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleメールでお問い合わせsidetitle
ヨウケル舎にメールを届けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitlebannersidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。