ヨウケル舎からのお知らせ

店休日のお知らせです。
7/7(木)、7/14(木)、7/21(木)、7/28(木)、7/30(土)、7/31(日)はお休みをいただきます。
ご来店予定のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いします。

寒仕込み



年が明けてから、ずっとやりたかった味噌の仕込みに
ようやく手をつけられました。

去年はumuiの佐藤恵美子さんを招いて、
大勢でわいわいとお味噌を仕込んだものです。
そのお味噌がなかなか美味しくて、
定食の味噌汁に、はたまた味噌とオートミールのクッキーに、
と大活躍だったのはまだ記憶に新しく…
愛をもって発酵を見守りたくて、味噌に名前まで
つけたのでした。(なんと公募!)

今年の味噌はまだ名前を付けていませんが、
もしも、名付け親になってくれる方がいるのなら
是非お願いします。ふふふ。

ところで、お味噌ってなんか面倒そうだなぁ
なんて思っていませんか?
実はとっても簡単なんですよ!
身近な材料で出来るし、お子さんがいる家庭なら
家族で作るのも楽しそうですね。

今回の工程を写真とともに載せておきます。

1.大豆は前の晩から水に浸して戻す


2.圧力鍋で茹でる 指で簡単に潰せるくらいが目安
写真は圧力かける前に灰汁をとっているところ


3.茹でた大豆を潰す 今回は踏みました ムラなく出来てよい!


4.麹と塩を揉みながら混ぜる 今回は無農薬さわのはなの米麹


5.塩きり麹と大豆、大豆の煮汁を混ぜる


6.焼酎など度数の高いアルコールで殺菌した容器に味噌の玉を作って投げ入れる(空気が入らないようにするため) 平らにして表面にも塩をまぶす


仕込み完了


味噌は人間の心地よい温度で共に生きます。
3ヶ月ほど経ったら天地返しを。
麹のおかげで発酵を待つだけ。
食べれるのは7~8ヶ月後くらい?
出来れば1年待ちたいところ。

よく聞く味噌の寒仕込みは1~3月。
寒い時期に仕込むのがなぜ良いのか?
発酵が緩やかなことが美味しいお味噌になる
秘訣なんです。
市販の味噌は早く発酵させて商品化するために
仕込みの直後から加温したりして、
わずか3ヶ月ほどで完成させてしまうものも。
手作りのお味噌が美味しいのは、自分で作ったから、
以外にもちゃんと美味しさの原理がありそうですね。





楽天からのおすすめ

sidetitleプロフィールsidetitle

ヨウケル舎長

Author:ヨウケル舎長
おやつを焼いてるときが何よりも幸せです。だからヨウケル舎長は今日もおやつを焼くのです。


お茶とおやつ ヨウケル舎
東京都世田谷区経堂4-7-8
TEL&FAX:03-3429-2255
http://yokel-sya.bossk.jp

<営業時間>
11:30~20:00
11:30~19:00(日曜日)
<店休日>
不定休(平成26年から定休日が無くなりました)

アルバイトを募集中です
(平成28年7月現在)


Facebookやってます。
Facebookファンページ お茶とおやつ ヨウケル舎

mixiにコミュニティあります。
mixiコミュニティ お茶とおやつ ヨウケル舎

sidetitleTwitterやってますsidetitle
yokel_syaをフォローしましょう
sidetitleブログ内の検索sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleメールでお問い合わせsidetitle
ヨウケル舎にメールを届けます。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitlebannersidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle